重要なお知らせ

第47回学術大会内教育講演6について

2019年1月30日

日本総合健診医学会第47回学術大会大会2日目[2月2日(土)]に予定されています教育講演6は人間ドック健診専門医制度の『医療安全・医療倫理に関する研修』の対象講演であることに加えて、指導医講習会とすることが決定いたしました。皆様のご参加をお待ちしております。

1)人間ドック指導医の方は参加により更新条件の
指導医の活動実績を満たすことが可能となります。

2)また、人間ドック健診専門医の方は更新必須単位
『医療安全・医療倫理に関する研修』1単位の取得ができます。

日時:2月2日(土) 新横浜プリンスホテル第3会場 4F 若菜 10:20~11:20
テーマ: 教育講演6 『研究倫理について~とくに
        人間ドック健診データ取り扱い時に留意すべきこと』
講 師:西﨑 泰弘( 東海大学医学部健康管理学 領域主任教授/
         東海大学医学部付属東京病院 病院長)
※受講される方には会場入口にて参加証明証をお配りいたします。講演会終了後、参加証明証にお名前をご記入の上、会場出口にてスタッフにお渡しください。
※遅刻・早退は認められませんので、ご注意ください。

個別表示

2018年第5回人間ドック健診専門医研修会(東京)について

2019年1月10日

下記の日程にて、日本人間ドック学会主催 2018年第5回人間ドック健診専門医研修会(第51回人間ドック健診認定医・専門医研修会)が開催されます。本研修会の詳細は日本人間ドック学会HPもご参照ください。

■2018年第5回人間ドック健診専門医研修会(東京)について

日  時: 2019年3月3日(日)12:20~15:45(受付11:20~12:20)
場  所: ヒューリックホール東京
参 加 費: 1名様 10,000円(資料代込)
定  員: 860名
申込開始: 2019年1月 10日(木)より
日本人間ドック学会HPでオンライン受付を開始します。
プログラム案:
1)「医療安全・医療倫理について」
 小林 弘幸(順天堂大学 病院管理学 教授)
2)「胃X線検診について」
 杉野 吉則(慶應義塾大学病院 予防医療センター 特任教授)
3)「すい臓がんについて」
 中郡 聡夫(東海大学 医学部消化器外科 教授)

個別表示

2018年人間ドック健診指導医・研修施設 申請結果報告について

2018年12月25日

2018年度の人間ドック健診指導医、研修施設の申請者および申請施設に12/20付けで結果報告をメール等でお送りしました。

※2019年3月下旬、認定された指導医および研修施設には両学会認定の認定証を送付いたします。
【認定期間:2019年4月1日~2024年3月31日(5年間)】

※暫定研修施設・指導医の委嘱の案内は、2019年1月下旬以降、該当施設に送付予定です。今しばらくお待ちください。

個別表示

セルフトレーニング問題2018 結果通知について

2018年12月25日

12/20付でセルフトレーニング問題2018申請者へ結果通知を郵送にて送付いたしました。合格基準に達した申請者は取得単位5単位を証明する修了証が同封されていますので、保管いただきますようお願いいたします。
2018年度のセルフトレーニング問題の問題及び解答解説は下記からご確認ください。

・セルフトレーニング問題2018 問題

・セルフトレーニング問題2018 解答解説

※セルフトレーニング問題で取得可能な単位は5年間で上限5単位までです。
※今年度の修了者は来年以降もセルフトレーニング問題の申請は可能ですが、次回の申請で合格点に達した場合も更新単位に加算はされませんのでご注意ください。

個別表示

2018年第4回人間ドック健診専門医研修会(新横浜)について

2018年11月28日

下記の日程にて、日本総合健診医学会主催 2018年第4回人間ドック健診専門医研修会が開催されます。本研修会の詳細は日本総合健診医学会HPもご参照ください。

なお、本研修会は指導医講習会の対象です。人間ドック健診指導医は、認定期間内に指導医講習会に1回参加することで、更新可能となります。指導講習会の開催については、こちらもご確認ください。

■2018年第4回人間ドック健診専門医研修会 [指導医講習会] (新横浜)について

日    時: 2019年 2月 2日(土) 13:20~16:35(受付開始12:50~予定)
場    所: 新横浜プリンスホテル 第47回大会 第1会場(神奈川県横浜市)
★会場アクセスの詳細はこちらをご確認ください。
参   加  費 : 1名様 10,000円(資料代込)
定    員: 400名
申 込 開 始 : 2018年11月28日(水)12:00(正午)より日本総合健診医学会HPでオンライン受付を開始します。
プログラム案:
1)「臨床検査(検体検査)値の性差と加齢変動」
 佐藤 尚武 (順天堂東京江東高齢者医療センター 臨床検査科 科長)
2)「遺伝子検査を行う際の留意点」
 吉村 公雄(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 専任講師)
3)「乳がん検診に対するマンモグラフィ診断と総合判定」
 戸﨑 光宏(相良病院附属ブレストセンター 放射線科部長)

※本研修会は2講義目が医療安全・医療倫理の対象となります。

個別表示

2013年度認定 人間ドック健診専門医更新について

2018年11月26日

2013年度認定 人間ドック健診専門医、指導医、研修施設へ更新書類をお送りしました。更新を希望される場合は、2019年3月7日(木)[郵送必着]までに学会事務局宛にご提出ください。

※指導医、研修施設への更新書類は12/7付で発送いたしました。お待たせして申し訳ございませんでした。

1.対象
2013年度新制度人間ドック健診専門医・指導医・研修施設
【現在の認定期間:2014年4月1日~2019年3月31日】

2.申請期間
本年 12月 3日(月) ~ 2019年 3月 7日(木) [郵送必着]

※提出の遅れ等で委員会・理事会承認ができない場合は、資格喪失となりますのでご注意ください!
※審査の結果、更新が認められた対象者へは3月下旬に認定証を送付します。
(更新後の認定期間は2019年4月1日~2024年3月31日の5年間です。)

3.申請書類等について
更新書類等手続きについては以下のページをご確認ください。
[専門医 認定更新]
[指導医 認定更新]
[研修施設 認定更新]

■(人間ドック健診専門医対象)実績報告書について
人間ドック健診専門医は更新時に「実績報告書」の提出が必要となりますが、「実績報告書」は本ホームページよりご自身でダウンロードしてご準備ください。
・実績報告書(症例サマリー10例)【word版】
・実績報告書(症例サマリー10例)【pdf版】
・実績報告書 記入例

個別表示

2018年度人間ドック健診専門医認定試験 試験結果通知 について

2018年11月1日

2018年度人間ドック健診専門医認定試験受験者には、11月1日付けで『試験結果通知』を郵送しました。

・合格者は本年11月20日までに登録料をお振込みください。期日内にお振込みいただけない場合、合格が無効となりますのでご注意ください

・期日内に振込が完了した人間ドック健診専門医認定者は、2019年4月1日より本ホームページの[新制度専門医一覧]に氏名・勤務施設名、勤務先都道府県名を掲載します。公表することが認定条件です。

2018年度人間ドック健診専門医認定試験受験者の今後の流れは[試験概要]もご確認ください。

個別表示

セルフトレーニング2018について

2018年9月27日

新制度人間ドック健診専門医認定者は、認定期間5年間のうち『セルフトレーニング問題(5単位)を1回以上修了すること』が更新のための必須単位項目となっております。

今年度のセルフトレーニング問題は、「総合健診」45巻5号(9月10日発行)および「人間ドック」33巻3号(9月30日発行)に掲載されましたので、申請を希望される場合は学会誌の該当ページの申請方法をご確認の上、申請期間内に申請ください。

【セルフトレーニング問題2018 申請期間・採点料】
1)申請期間:2018年10月1日(月)~11月20日(月) 
2)採点料 :2,000円    ※採点料は学会指定口座にお振込みください。

昨年の出題内容は本ホームページ内の[セルフトレーニング問題]でご確認いただけます。

※昨年までのセルフトレーニング問題に申請し、更新単位5点を取得済みの新制度専門医の方には解答用紙はお送りしていませんが、単位加算をされないことをご理解いただいた上で、今年度もセルフトレーニング問題の申請を希望される場合は学会事務局までお問い合わせください。

個別表示

2018年度人間ドック健診指導医・研修施設申請について

2018年9月27日

2018年度人間ドック健診指導医・研修施設の新規申請を受け付けます。申請を希望される際には以下のページより認定条件をご確認の上、申請書をダウンロードして学会事務局までお送りください。

●申請期間:2018年10月1日(月)~11月20日(火)[郵送必着]

●認定条件:[指導医認定申請について]/[研修施設認定申請について]

認定後の認定期間は2019年4月1日~2024年3月31日 5年間です。

※なお、暫定研修施設・指導医の委嘱の案内は、2019年1月頃、該当施設に送付予定です。暫定研修施設・指導医等について、詳しくは事務局までお問い合わせください。

個別表示

2018年度人間ドック健診専門医認定試験(会場変更)について

2018年8月20日

2018年度人間ドック健診専門医試験の試験会場は当初予定の主婦会館プラザエフより品川フロントビルへ変更となりました。受験予定者の皆様はご注意ください。

◆2018年度人間ドック健診専門医認定試験

開 催 日 時 2018年10月21日(日)13:00~15:00(※試験終了14:40)
会  場 品川フロントビル地下1階会議室  [2018/8/20更新]
JR品川駅中央改札より徒歩8分 品川駅港南口より徒歩5分
[注]会場は当初予定の主婦会館プラザエフより品川フロントビルへ変更となりましたので、ご注意ください!
試験内容 問題集2015改定版および追加問題より、計100問のマークシート方式による筆記試験
受験申請期間 2018年7月2日(月)~ 2018年8月2日(木)(必着)

 

◆2018年受験条件

2018年受験条件は以下の通りです。
専門医合同委員会で検討した結果、今年度は会員歴(従来:5年→今年度:3年)及び研修歴(従来:2 年間の臨床研修を終了し、臨床系学会の認定医・専門医の資格を有する場合のみ3年で可→今年度:資格等なしでも3年で可)の条件が緩和されました。

  1. 日本国の医師免許取得者で医師としての人格識見を有する者。
  2. 専門医認定試験受験申請時に、3年以上本会あるいは本法人の医師正会員であり、会費を完納していること。
  3. 本会あるいは本法人の認定する研修施設において、所定の研修プログラム履修期間を含み、満3年以上の研修実績を有する
  4. 専門医認定試験にて所定の成績を得ていること。

(注)本会=日本総合健診医学会、本法人=日本人間ドック学会

※3.の研修歴については、暫定研修施設での研修歴も対象となります。
また、研修施設・暫定研修施設として認定される前の期間についても研修歴に含めることが可能です。
(例:本年4月から(暫定)研修施設認定開始となった場合も、認定前(本年4月以前)の期間も含めて専門医試験申請時に研修歴が満3年以上あれば受験可能)

●受験申請書は本ホームページの[試験]をご確認ください。

個別表示

« Older Entries