専門医 認定更新

◆専門医認定更新条件

認定更新条件は以下の通りです。[参照:新制度規則第17条]

  1. 専門医認定期間内(専門医認定証に明記されている期間)に、専門医認定更新のための単位を別に定めた単位表に従い、必要単位50単位(そのうち30単位以上は本会・本法人の企画による取得単位)を取得しなければならない。
  2. 専門医認定期間内の実績報告書(症例サマリー10例)を提出しなければならない。
  3. 専門医認定期間の本会あるいは本法人会費を完納していること。
  4. その他、「委員会」が特に認めた者。

 

◆更新手続き

更新を希望する場合、以下の書類を提出する必要があります。更新対象者へは、認定満期前年の11月末に事務局より更新申請書類をお送りいたします。

【更新申請書類】

  1. 人間ドック健診専門医認定更新申請書 <必須>
  2. 人間ドック健診専門医取得単位申告書 <必須>
    人間ドック健診専門医 取得単位申告書(本人管理用)[様式2-2]は自己管理の際にご利用ください。更新時の提出は必須ではありません。
  3. 実績報告書(症例サマリー10例) <必須>
  4. 他学会(日本医学会総会・基本領域18学会学術大会)参加証明書(写し)等、自己管理・自己申告制の単位を確認できる書類 <必要な場合のみ提出>
  5. その他、「委員会」が必要とする書類(委員会から要請された場合のみ必要) <必要な場合のみ提出>
■実績報告書について(2017/3/29更新)
新制度人間ドック健診専門医は更新時に「実績報告書」として症例サマリー10例の健診実績を報告いただくこと必要があります。実績報告書書式および記入例は以下からダウンロードの上、認定期間内にご準備ください。
・実績報告書(症例サマリー10例)【word版】
・実績報告書(症例サマリー10例)【pdf版】
・実績報告書 記入例

 

◆更新申請期間

認定満期前年の11月末(予定)に事務局より更新申請書類を送付します。申請期間は認定満期の前年12月1日~3月上旬(予定)とし、更新後の認定期間は4月1日より5年間とします。更新申請期間および手続きの詳細は決定次第、学会ホームページ及び人間ドック健診専門医ホームページにてお知らせします。

◆更新料

人間ドック健診専門医 更新料:10,000
期限内に指定された金融機関口座にお振込みください。
※所定期限内に更新料の振込がない場合は、更新認定を取り消します。

◆審査

人間ドック健診専門医制度委員会(認定小委員会)は、人間ドック健診専門医更新申請書の届け出を受けた更新者の資格・単位取得状況などを審査し、その議を経て両学会理事会(基本問題検討委員会)が承認します。適として審査・承認した専門医を人間ドック健診専門医更新者に認定し、申請直後の4月1日付けで両学会認定の認定証(更新)を交付します。認定期間は5年間とし、41日開始の331日満期の年度区切りとします。

 

◆猶予期間について

人間ドック健診専門医には、猶予期間は設けません。下記内容を満たさない場合は、人間ドック健診専門医資格を喪失しますので、ご注意ください。(但し病気療養、留学等特殊な事情な場合のみ人間ドック健診専門医制度委員会で審査します。)

●更新のための50単位を満たさない場合
●必須単位を満たしていない場合
●実績報告書(サマリー10例)の提出がない場合

 

更新単位取得について

更新期間5年間で単位表に従い50単位取得する必要があります。そのうち30単位以上は本会・本法人の企画による取得単位とする必要があります。
※単位の管理については、事務局管理と自己管理(自己申請)があります。
※新制度専門医認定者はシール・台紙での単位管理は行いませんので、ご注意ください。
※認定満期日までに単位を取得できなかった場合、猶予期間等は設けません。5年間の認定期間内に専門医取得50単位が満たない場合は、人間ドック健診専門医資格は喪失となります。

※更新単位について注意※
総単位数50 単位のうち、日本総合健診医学会・日本人間ドック学会 両学会企画の単位項目(上表の青色部分)より30 単位以上が必要です。 また、両学会企画3 0 単位のうち、下記が必須単位です。認定期間5 年間のうちに下記の必須単位をすべて取得してください。

*いずれか1 回以上の参加が必須

・日本総合健診医学会学術大会参加( 10 単位)

・日本人間ドック学会学術大会参加( 10 単位)

*1 回以上の参加が必須

・人間ドック健診専門医研修会参加( 7 単位)

*1 回(1回5単位)の修了が必須

・セルフトレーニング問題( 5 単位)

(取得可能な単位は5年間で上限5単位(1回分)までです。)

*1単位( 1 回) の参加が必須

・医療安全・医療倫理に関する研修( 1 単位)

(複数回参加しても取得可能な単位は5年間で上限2単位までです。)

⇒【2017年3月更新情報】

 『医療安全・医療倫理の講習』は2回→1回参加に変更となりました!

 

※単位の取得については[Q&A]掲載の「②単位について」も,ご確認ください。

 

基本領域18学会

社団法人日本専門医制評価・認定機構が認定する基本領域18学会は下記のとおりです。

No. 学会名称 HPトップページアドレス
1 日本内科学会 http://www.naika.or.jp/
2 日本小児科学会 http://www.jpeds.or.jp/
3 日本皮膚科学会 http://www.dermatol.or.jp/
4 日本精神神経学会/ https://www.jspn.or.jp/
5 日本外科学会 http://www.jssoc.or.jp/
6 日本整形外科学会 http://www.joa.or.jp/
7 日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/
8 日本眼科学会 http://www.nichigan.or.jp/
9 日本耳鼻咽喉科学会 http://www.jibika.or.jp/
10 日本泌尿器科学会 http://www.urol.or.jp/
11 日本脳神経外科学会 http://jns.umin.ac.jp/
12 日本医学放射線学会 http://www.radiology.or.jp/
13 日本麻酔科学会 http://www.anesth.or.jp/
14 日本病理学会 http://jsp.umin.ac.jp/
15 日本臨床検査医学会 http://www.jslm.org/
16 日本救急医学会 http://www.jaam.jp/index.htm
17 日本形成外科学会 http://www.jsprs.or.jp/index.htm
18 日本リハビリテーション医学会 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jarm/